みんなでいきいきサロン11月15日

0

    いきいきサロンに参加している方は、60才以上の方達ですが、半数位の方が何らかの薬を服用していらっしゃるようにお見受けしました。おしゃべりタイムの時などもサプリメントや常備薬などが話題になっていることもあります。それで、「お薬の飲み方」について学びたいと思い、有限会社シーガル「上杉薬局」の薬剤師高橋直彦氏にお話を伺いました。「シーガル薬局」は北五番丁の外記丁角にあり仙台YWCAから150m位の所です。スライドを使って丁寧に説明して頂きましたが、お薬の飲み方でも「起床時」「食前」「食後」などの指示がある通りに飲まなければならない時に忘れてしまったら?「起床時」とは「朝起きてすぐ飲むこと」…例えば骨粗鬆症の薬など、「食前」とは食事の30分前まで、という様にくわしく説明頂きました。

     薬の服用については薬袋に指示されている様に服用回数や一回量・服用タイミングなどをしっかり守らなければなりません。そして薬は「薬がきちんと溶けて体に吸収されるか」という試験は基本的に水で服用することを前提に行われているとのことでした。ですから基本的に薬は水または白湯で服用しなければならないと思いました。

     私達は確実に一日一日と“老い”に向っています。身体的な老化は止めようがないのですが毎日を明るい気持ちで過ごしたいと思います。薬もサプリメントも上手に付き合っていきたいものです。シーガルでは管理栄養士も一緒に活動していて、健康栄養セミナーなども開いていますので、お薬を受け取りに行った時には何でも相談下さいとのことでした。個別に質問をする方も沢山あって実り多いサロンの一日でした。   R.K   


    みんなでいきいきサロン 12月13日

    0

      ちらちらと雪の舞う朝に、12月最後の「みんなでいきいきサロン」が開かれました。

      今年最後にふさわしいクリスマス礼拝とクリスマスの祝会を持つことができました。

      日本基督教団 泉高森教会の阿部祐治牧師をお招きして「高齢者にもクリスマスの喜びが」という題のメッセージをいただきました。

      クリスチャンでない方が多いサロンの参加者にも受け入れやすく、わかりやすいようにと配慮されたクリスマスのメッセージを力強く語ってくださいました。メッセージの聖書の箇所は、ルカによる福音書 2章36〜38節で、アンナという84歳の女預言者が幼子イエスに出会ったときのことが書かれています。

      夫と早く死別し未亡人となったアンナの拠り所は、神殿で昼も夜も神に仕えることであり、待ち望んでいたのは、救い主が来られることでした。そのアンナに神は、クリスマスの喜びをお与えになりました。

      幼子イエスが両親に連れられて神殿に来た時、アンナは、この幼子こそ神が約束されていた救い主であると信じることができました。

      救い主イエスに出会ったアンナの喜びは、神への賛美となり、人々に伝えずにはおれない、あふれ出る大きな喜びとなりました。

      クリスマスの喜びは、救い主イエスに出会うことにあると、高齢の女預言者アンナから教えられます。

       

      阿部牧師の親しみやすいお人柄から語られるメッセージは、参加者の心をとらえ、毎年メッセージを聞きたいという人も現れました。

      礼拝の中で、讃美のささげものをしてくださった木村文子さん、そしていつも奏楽をしてくださっている伊藤悦子さん、ありがとうございました。

      おしゃべりをしながらの楽しいお食事タイムの後の限られた時間を使って、須田はるみさんが、年の暮れの民話、年神様や笠地蔵の民話をしてくださいました。笑いがこぼれ、座が和むお話しは、いつ聞いてもほっこりします。

      民話の後は、民生委員の豊岡さんのリードで、クリスマスソングに合わせて、キッチン用品や、手づくりの楽器を使って合奏という普段できないことを、子供にかえって楽しみました。

      いろいろな楽器の用意、そしてお食事の準備や片付けをして下さった新旧の民生委員の方がた、本当にありがとうございました。

      言葉に尽くせないたくさんの感謝で、今年も終えることができました。

      新しい年も、たくさんの笑顔に出会えますように。

                                              Y.M.


      子育てひろば 12月5日「子どもの遊び」

      0
        今回は「子どもの遊び」がテーマでした。
        忙しさの中、子どもの遊びに親が関わる機会が少なかったり、どのように子どもと遊べば良いのか戸惑ったりすることもあります。またゲームやスマートフォンの問題、魅力的な習い事など子どもたちを取り巻く環境も変化してきています。
        畑山先生から「遊び」についての基礎を学ぶことで、親が子どもと一緒に遊ぶ大切さに改めて気がつきました。特にスキンシップは年長の息子がいる我が家では少なくなっていましたが、まだまだ必要であることを実感しました。話し合いの中では私の子育ての悩みである「ゲーム機と遊び」や「父親の遊びへの関わり方」について皆さんに聞いていただき、家庭でのルール作りや遊びのアドバイスをいただきました。今日いただいたたくさんのヒントを元に、さっそく息子とたっぷりふれあって遊びたいと思います。
        A.S
        ↓ 出席者には、サンタクロースつきのお菓子でした。

        みんなでいきいきサロン 12月6日

        0

          季節が逆戻りしたかのような昨日の暖かさとは打って変わって、今日は12月らしい寒いお天気になりました。

          皆さんの出足が心配なお天気でしたが、多くの方がたが、ヤングジーズのクリスマス コンサートを楽しみにして来てくださいました。本当に久しぶりの懐かしいかたや、ヤングジーズの旧友と思われる方たちも参加されていました。会場は、和やかな、温かい雰囲気に包まれていました。

          ヤングジーズの皆さんは、今回で3回目のコンサートになりました。大学時代の合唱仲間が、おじいさんになった今も、カルテットを組んで歌うことができるというのは、とても恵まれたことと思いました。大学時代と違って、それぞれの生活の場が異なる各地から集まっての練習は、簡単なことではないと思われますが、懐かしい友と、声を合わせる楽しさ、喜びは、格別なのではないでしょうか。

          以前、ベースの高橋さんが、「このカルテットの仲間の一人でも一緒に歌えなくなったら、このヤングジーズも終わりです。」と言っておられた言葉が、こころに残っています。

          代わりが利かない大切な一人ひとりの仲間からなるヤングジーズであることを知りました。

          歌が友情を育み、今は友情が歌の温かいハーモニーの基になっているのでしょうか。

           

          合唱に引き込まれて、リズムをとったり、小さな声でご一緒に歌っておられる方もいました。一緒に歌いたくなるようなヤングジーズのクリスマス コンサートでした。

          ヤングジーズの皆さん、本当にありがとうございました。ヤングなおじいさんたちの男声カルテットのご活躍をお祈りしています。

           

          会場が一杯となる昼食会でしたが、予定されていた5人の12月生まれのお誕生会も、木村さんのリードで素敵な歌のプレゼントをすることができました

           

          12月生まれのTさんが、ご自分の誕生について話されました。

          両親にとって、自分はやっと与えられた二番目の子供でしたが、寡黙な父が喜びのあまり踊ったことをあとで聞いて知ったそうです。父がどんなに自分の誕生を喜んでくれたかを知り、敬慕の思いが深くなったというのです。

          自分の誕生が両親の大きな喜びであったことを話されるTさんの、心の深いところにある喜びの言葉を、みんなは静かに聞き入っていました。

          いいお話をこの誕生会で聞くことができました。私たちの喜びで始まった人生が、感謝で終わる人生となりますように。

                                                         Y.M.

           

           

           

           

           

           

           

                                                                             

           


          2018年世界YMCA&YWCA合同祈祷集会 11月13日

          0

            仙台YWCA会館において、「ユースエンパワーメントが世界を変える」

            〜限りない可能性を信じて〜。


             

             

            今年度のテーマのもと、仙台YMCA,仙台YWCAの合同祈祷集会が持たれました。

            仙台長町教会のイム ワンヒョク牧師先生を招き、聖書マルコによる福音書142233節から奨励をいただきました。

             

             

            その後YMCA、YWCAの活動を話し合い、よい交流の場を持ちました。

            T.M

             

             

             



            PR

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:202 最後に更新した日:2019/04/23

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM