みんなでいきいきサロン 7月21日

0

     今日は、歌の日・語り合い。

    朝から久しぶりに、真っ青な空から強い日差しが照り付ける中、

    お一人またお一人と元気な顔がそろいました。

     kさんの指導で発声練習。「身体は、神様から与えられた素晴らしい楽器だから、

    だれでも、磨けば磨くほど素晴らしい声が出ますよ」のユーモアあふれる指導に励まされ、姿勢に気を付けて声を出す練習。

    発声の後は、「雪やこんこん・春が来た・夏は来ぬ」を3つのグループが同時に歌う合唱の、おもしろさ楽しさ。

     その後、今日は特別に、KさんがY さんの、息の合った伴奏で、情熱的なイタリアの歌曲と、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」よりアリア「恋とはどんなものか」を独唱された。

     しばしオペラコンサートの会場にいるようなうっとりとした時を味わいました。

     

     午後は、Sさんの「三春の滝桜」の紙芝居。絵も文もご近所の方の創作という、端正な絵と味わい深い文。

    三春出身の伊達政宗の正室「愛姫」にまつわるお話。戦国時代に翻弄された女性の苦しみに思いをはせたひと時でした。

     また来週、元気でお会いするのを楽しみに、散会しました。


    みんなでいきいきサロン 7月14日

    0

      夏日の晴天が続いた後、梅雨空に戻ったお天気の日に7月第2週目のサロンが開かれました。

      今日は各月にお願いしています上杉地域包括支援センターから小山内悦子さんが来てくださり「夏の健康管理について」お話しくださいました。

      この時期から多くなる熱中症の予防法とその対処の仕方、食中毒の予防等について、プリントを用意してわかりやすく説明してくださいました。

       

      今日のお話の中で、「低栄養予防」という言葉が使われましたが、このことが介護予防だけでなく、熱中症予防にもなるということを指摘されました。3食の食事をきちんと摂ることや、たんぱく質の摂取を心がけるといった食生活のあり方が健康管理に欠かせないことを改めて教えられました。

       

      上杉地域包括支援センターからは各月に「みんなでいきいきサロン」に講師を派遣してくださるだけでなく、これまでも数名の高齢者をサロンに紹介してくださいました。感謝です。

      今日、初めて参加のNさんも、上杉地域包括支援センターからの紹介で来られました。すぐにサロンに打ち解けて、楽しくおしゃべりして帰って行かれました。

       

      この日、初めての来会者を迎えた時、すでに参加しているメンバーが率先して隣に座ってお話し相手になってくださっている様子は、サロンがみんなのサロンになっていることがわかって、とてもうれしかったです。

      この仙台YWCAが開催する「みんなでいきいきサロン」が多くのシニアの方たちに喜んでいただける場になれたらと願っています。


      みんなでいきいきサロン 7月7日

      0

        今日は7月7日、暦では七夕ということで、七夕飾りに挑戦しました。

         

        折り紙で作る七夕飾りは昨年に続いて今年で二回目。講師は飯塚淑美さんです。

        昨年同様、一人ひとりに説明書付の折り紙のセットを用意してくださり、行き届いた準備をして指導してくださいました。たくさんの人数分をセットして用意するのはとても時間と労力のかかることです。本当に飯塚さんには感謝です。

         

        今年の七夕飾りは、一人ひとり持ち帰れるような作品をつくることになりました。折り紙を折ることが非日常的になっているシニアにとって、こども時代に帰るひと時になりました。小学校の図工の時間のように、先生の説明を聞かないでおしゃべりしていて、わからなくなって慌てたり、近くの仲間に教えてもらったり、真似たりして作る七夕飾りは、小学校の教室のようににぎやかでした。

        小さな作品でしたが、出来上がった時の達成感と喜びは大きかったのではないでしょうか。

         

         

        今日はまた7月生まれの人のお誕生日をみんなで祝い、歌のプレゼントをする日です。

        7月生まれのOさんがリクエストされた歌は、「学生時代」です。みんなにとっても、青春時代を思い出す懐かしい曲です。Oさんは、宮崎県のご出身で、この8月に故郷で予定されている同窓会を楽しみにされていましたから、この曲をリクエストされたのでしょうか。

         

        毎月お誕生日の歌の楽譜を用意してくださるIさん、歌の伴奏もしてくださり、この「みんなでいきいきサロン」になくてならない奉仕者です。


         

        いろいろな形で多くの方々に助けていただきながら、このサロンが開かれていることを思い感謝です。

         

         

         


        みんなでいきいきサロン 6月23日

        0

          梅雨らしい朝から雨というお天気にもかかわらず、今日も多くの方々が参加されました。

           

          第4週の木曜日は学びの日です。今日のテーマは「元気シニアのための食生活」ということで、宮城学院女子大学で教鞭をとっておられた相原美智子先生を講師にお迎えしました。にこやかにやさしい語り口で、聞くシニアの私たちにわかりやすくお話をしてくださいました。

           

          高齢期を健やかに生きるための三要素が、食生活、体をよく動かすこと、7,8時間の睡眠をとることだそうですが、そのなかの食生活が今日のテーマです。

           

          老化は避けることのできない現実ですが、誰もが願うことは、少しでも健やかで生きがいのある人生を過ごしたいということです。そのために日常の食事に気を配ることの大切さをあらためて教えられました。

           

          ただ人生が長ければいいというのではなく、人生の質を考えた時、「徹底した厳しい食事管理よりも、少し緩やかで楽しいお食事の方がいいですね。」という先生の言葉に共感。

           

          「みんなでいきいきサロン」の週一回のお食事をおしゃべりしながらいただく楽しいひとときが、みんなの元気のもとになっていきますように。


          みんなでいきいきサロン 6月16日

          0

            今日は音楽の日。各地の老人ホームや福祉施設で音楽ボランティアをされている井口悦子さんが、様々な楽器をもって来てくださいました。トーンチャイム、小さな蛙の形の木魚、カスタネット、マラカスやアジアの高原にいるヤギの爪を房にしたものなど、他にも色々な珍しい楽器をそれぞれが持って「夏は来ぬ」「浜辺の歌」「カエルの歌」の輪唱など、小学生にかえったような楽しい気持ちになって歌いました。

            楽器を持って歌うことがこんなにも楽しいことだったのかと子どもの時を思い返し、これからは孫たちと一緒に歌おうと楽しみになりました。



            PR

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:166 最後に更新した日:2018/07/20

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM