みんなでいきいきサロン8月8日「伊達政宗の残した夢〜仙台城」

0

    講師の加藤智仁さんは仙台市教育局文化財課勤務で小学校教諭の経験がおありで、

    明瞭な声で分かりやすくお話下さり皆熱心に傾聴しました。カラー写真入りの美しい

    レジメも用意されて楽しく郷土の歴史を学ぶ時間となりました。

     伊達政宗の生涯を振り返ると、23歳(1589年)で蘆名氏を破り南奥羽を統一した

    ものの時の権力者たちに翻弄され様々な辛酸をなめた。やがて長年の夢である仙台の

    城下町と仙台城建設は35歳(1601年)になってから着手した。

     講師によれば仙台城の特色は3つある。本丸は、東は断崖・南は竜ノ口渓谷・西

    は青葉山に囲まれた「山城」で天然の要害だった。(2)仙台城の範囲は本丸・二の

    丸・三の丸が主体である。(3)仙台城の石垣には三種類の組み方がある。清水門石

    垣は野面積み(自然石をほとんど加工せず積み上げた石垣)で、本丸北壁石垣は「切

    り込みハギ」で積まれている。この違いには興味があり是非目で確認したいと思った。

    仙台城には敵の攻撃を阻むために様々の仕掛けが施されている。本丸までの登城路に

    は大手門ルートと巽門ルートとルートが2つある。また仙台城の本丸大広間の大き

    さや豪壮さは仙台城の象徴といえる。政宗は奈良出身の職人に屋敷を与え、藩の酒造

    りに当たらせた。これは発掘調査の結果屋敷跡が発見されている。

     次に城下町つくりについては、城下町の名残として、地名に北四番丁・名掛丁等の

    「丁」や国分町・鍛治町等の「町」のつく地名が現存している。仙台城下の概略図を

    調べると、町名によって侍屋敷・足軽屋敷・寺屋敷・町人屋敷・職人屋敷の跡が推定

    できる。また江戸時代から残る城下町特有の道「かぎの手」も判別されている。

     政宗の晩年の城としては、公式行事では仙台城が、日常の居城としては若林城が

    使われていた。しかし彼の死後、若林城は廃城となり建物は二の丸へ移築された。

    お話を聞き終えて、かつての名君・正宗の豪壮な仙台城が、現在その姿を見られな

    い事は誠に残念であるけれど、彼の偉業は今後も語り継がれてゆくことを確信した。

    Y.K

     


    みんなでいきいきサロン7月25日

    0

      宮城県と外国との友好姉妹交流

       

      曇天を見上げ、早く梅雨が明けるといいなと思いながら、準備をしていると、サロンの仲間が次々とやってきました。今日は「宮城県と外国との友好姉妹交流」をテーマに、宮城県と姉妹関係にある中国の吉林省、そして仙台市と姉妹関係にある吉林省都の長春市について、宮城県経済商工観光部アジアプロモーション課の中鉢博暁主事より、映像を通して詳しく説明していただきました。

      吉林省は中国東北地区中部にあり、人口は2,717万人(宮城県の11.8倍)、面積は18万平方キロ(宮城県の25.7倍)もあり、自然が豊かで、農業や自動車工業が盛んなところでその都長春市にはいくつもの大学があり、日本語が人気で、多くの学生が学んでいるということでした。人口や面積はともかく、吉林省と長春市は宮城県と仙台市と類以点も多く、親しみを覚えました。

      更に長春出身で、現在宮城県庁の契約職員である2人の女性も同行されて、お話を伺うことができました。2人は中国内陸部で育ち、大人になるまで海を見たことがなく、海に囲まれた日本は驚きだったこと、中国では日本が長寿国として有名で、日本食は大人気であること等を、流暢な日本語で話してくださいました。


      これからも日中友好、そして姉妹関係が続き、機会があればまたお話をお聞きしたいと思いました。

      その後、昼食を食べながら楽しい歓談のひとときを過ごし、終わりに漢字のクイズで脳トレをして、閉会しました。

      K.I


      みんなでいきいきサロン7月18日

      0

        “難しい話はいたしません。聞いて楽しい食べ物の話”

         

        今年の梅雨は例年より長びいて毎日鬱陶しい日が続いています。今日もはっきりしない天候で皆さんの出足は如何かと心配していましたが、何時ものお顔が揃い椅子が足りない程でした。

        今日は食物研究家で管理栄養士の副島京子さんに「知ったら楽しい食べ物の話パート2」の「人間と肉の関係」のお話をして頂きました。

        先ず、ご自分のお家に咲いた珍しい“ごぼうの花”を持って来られ、八百屋さんも知らない綺麗な花に一同感嘆しました。

         先月のパート1のテーマは「塩」でしたが、今日のテーマは「肉」。数千年前の原始時代、私達の先祖のホモサピエンスは何をどの様に食べて生き延びたのでしょうか。氷河時代やマンモス等の生存競争の激しい昔、動物達が争って残した肉などを食べていたらしいとのこと。それから狩りのための石器時代へとなったのでしょう。印度のお釈迦様も托鉢に行った時、鉢の中に穀物などの他に肉類をいれられることも多く、お釈迦さまも僧侶も昔は肉食だったと思われるとのことで興味深く聞きました。また、肉として鶏肉や豚肉、牛肉などの栄養の違いよりも、牛乳の飲めない体質の方は牛乳のみに拘らず豆乳におきかえたり、ヨーグルトやチーズなどにかえれば良いという様なお話は身近で大切なことで皆さん参考になったと思います。

         話題が豊富で楽しいお話しはまだまだ続くとのことで、「パート3」は「お魚の話」です。

        R.K


        みんなでいきいきサロン7月11日

        0

           今日は 認知症についての理解を深めましょうということで、近江由香里さんが用意されたレジメによる説明を加えながら、詳しくお話をして頂きました。

           まず「認知症とは?」ですが、一般には「成人後に脳に損傷を受けることによって認知機能が低下する状態」と思われます。今回はより詳しく、「いったん正常に発達した知的機能が持続的に低下し、社会生活に支障(概ね6か月以上継続して)をきたすようになった状態を指す」と学びました。とにかく認知症とは「病名」ではなく、「状態」を指すそうです。さてここでクイズですが、高齢者の約 何人に一人が認知症でしょうか? 答えは2018年時点で 7人に1人です。では次に2012年時点で認知症または軽度認知障害(MCI)は何人に一人でしょうか? 答えは4人に一人です。MCIとは健常者と認知症の人の中間のグレイゾーンにいる人で改善可能な人々ですが、その人たちを加えると、かなり大きい数字になることに驚かされました。

           認知症を引き起こす病気の中で主なものは4つ。1)アルツハイマー病 2)脳血管性認知症、3)レビー小体型認知症、4)前頭側頭型認知症等です。この中で予防可能なものは脳血管性認知症で、禁煙等で生活習慣病を予防することにより効果が期待されるそうです。

           認知症のイメージとは?周辺症状として徘徊や幻覚・暴力・妄想などがあり、中核症状としては記憶障害・見当識障害(今日は何月何日かわからない)・理解判断力障害(ATM使えない)・実行機能障害(スーパーに行くが買い物ができない)失語・失認識(おはようと挨拶されても理解できない)等が見られます。

           認知症の人への対応として心掛けたいことは、次の3点です。

          1. 驚かせない。2 急がせない。 3自尊心を傷つけない。

          そして実際に話す時には、相手の人に目線を合わせて、穏やかにはっきりした話し方をする。相手の言葉に耳を傾けて、ゆっくり対応する。声をかける時はその人の前に立ち一対一で余裕をもって話すなどよく見守り観察することが必要です。

           今日の参加者が一番聞きたいのは認知症の特効薬がありますかという質問でしたが、今の所まだないそうです。従って現在の対策としては、認知症の発症を遅らせて、もし認知症になってもきちんと適応できる社会を目指すことでした。

          今後「予防」と「共生」を推進してゆくにあたり、次の3点が基本と示されました。 

          1 認知症は誰もがなりうるもので、多くの人にとって身近なものになっている。

          2 生活上に困難が生じた場合でも、周囲や地域の協力を得て、本人が前向きに

            自分らしく暮らし続けられる社会を目指す。

          3 運動不足の改善、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防、社会参加による役割の保持が認知症の発症を遅らせる可能性がある。

            以上のお話を詳しくお聞きして、「認知症」への理解が深まりました。これからは今まで以上に健康の保持に留意して、健康寿命を延ばすため頑張りましょう! 

          Y.K


          みんなでいきいきサロン7月4日

          0

            九州での豪雨災害のニュースが流れ、仙台でも朝から雨がかなり強くなって来た中を、お一人また一人と、皆さんが笑顔で来らました。今日は7月の誕生会の日。来られた方の中で、誕生者はHさんお一人でした。皆でハッピーバースデーを歌い、素敵な言葉の書かれたカードを差し上げてお祝いしました。

            誕生プレゼントの歌は、Hさんの好きな「夏の思い出」。「夏がくれば思い出す、はるかな尾瀬、遠い空、霧の中に浮かび来る、やさしいかげ野の小道〜」と尾瀬ケ原や水芭蕉を思いつつ皆で歌いました。その他に、「四季の歌」を手話で何度も歌い、またローレライなど歌って、心が青春時代にかえったようなひと時でした。テーブルごとの楽しい食事の後は、クロスワードパズルや他のクイズで脳を若返らせました。終わりの歌「今日の日はさようなら」を歌い、また来週お会いしましょうと、朝の雨がすっかり晴れた中を、みなさん元気に帰られました。         

            M.M



            PR

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:219 最後に更新した日:2019/10/18

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM