みんなでいきいきサロン3月7日

0

    久しぶりの雨になりました。雪にならずに雨になったのは、3月に入ったからでしょうか。

     

    3月第1週目の今日は、この月に生まれた5人の人たちのお誕生日をみんなでお祝いする日です。5人の人たちのリクエストされた歌「雪の降る街を」「花が咲く」「野ばら」「学生時代」をみんなで歌ってお祝いしました。なぜその歌をリクエストされたかをお聞きしながら、懐かしい思い出や心にある思いと結びついた歌を、みんなで心を込めて歌いました。特にSさんは、みんなの合唱のほかに、お兄さんとの思い出のある歌「野ばら」をドイツ語で独唱してくださいました。

    年を重ねるごとに、平安と感謝が増し加えられますように・・

    いつもサロンで伴奏してくださっている伊藤悦子さんのご紹介で、杉田良子さんをお迎えして、今日は特別に紙芝居を鑑賞する機会が与えられました。

    杉田さんは、小学校の図書室におつとめですが、新美南吉の「狐」を選んで、紹介してくださいました。その紙芝居は、杉田さんのご主人の素晴らしい版画で制作されていて、お話しの内容と共に、静かな感動を与えられました。

    夜のお祭りに出かけた子供たちが、帰途の暗い夜道で「夜に新しい下駄をはくと、狐に取りつかれる」というお婆さんの言葉を思い出し、新しく下駄を買った文六ちゃんには狐がついていると思い始め、みんなは冷たい態度をとり始めます。

    しかし、文六ちゃんに狐がついたとしても、変わらずに愛しているのがお母さんです。

    どんなに文六ちゃんを愛しているか、家族を守るためには、自分の命を犠牲にしてもいいというお母さんの深い、真実な愛の言葉が文六ちゃんに伝えられます。

    でも文六ちゃんにとってお母さんは、大切なお母さんです。お母さんの犠牲の死は受け入れられないと応えます。互いを思いやるこの親子の対話には心うたれました。

     

    昼食の後、狐にまつわる民話を須田はるみさんがしてくださいました。

    この民話では、狐が愚かな村人をだますお話になっていて、思わず笑ってしまいます。

     

    今日は、狐にまつわるお話を紙芝居と民話で聞くことができました。

    狐が登場するお話が多いのは、昔、狐がとても身近な動物だったことが想像できます。

    杉田さん、須田さん、豊かな恵まれた時を与えてくださり、本当にありがとうございました。              

    Y.M.

     

     

     

     

        

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.29 Tuesday
      • -
      • 12:56
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:224 最後に更新した日:2019/10/26

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM