みんなでいきいきサロン 4月18日

0

    川端英子さんに「戦争体験に通して仙台弁で憲法を語る」というテーマでお話をしていただきました。川端さんの少女時代は戦争中で、いわゆる軍国少女として、しかも自分は立派な軍国少女になりたいと願って、日々、精進していたところ、敗戦後、日本国憲法が公布され、その基本原理である国民主権、基本的人権の尊重、平和主義と学んで、川端さんは旧憲法の下、軍国主義にすっかり洗脳されていた自分に愕然としたと話しておられました。

     

    そこで、現憲法の素晴らしさを多くの人に知ってもらい、この憲法をこれからもしっかり守っていくために様々な活動を始められたのです。

    そのひとつが「仙台弁で憲法を語る」という活動です。とかく難解と思われがちな憲法の条文も、仙台弁で語られると、私たち仙台人にはとても親しみやすく、分かりやすいものでした。川端さんが仙台弁で語られた第九条は以下の通りですが、ここには日本人川端さんの戦争加害者としての反省も込められていました。

       

                       憲法第9

    こごんどごは、平和条項って言われでで、戦争放棄が謳われでるどごっしゃ。「ほーき」っつったって、庭掃いだり、ハリーポッターだの魔女だの跨ったりする箒では、がいん。もう要らねって放っぽり投げるごどっしゃ。つまり戦争は、もうしねっつごどっしゃ。

    第一に

      

    1. 日本のらは、まっとうなごどが通って誰でもろしい目に会わねで安心して暮らせるっつごどば土台にして、世界中が平和になるようにって、腹のから願い求めで、その為一生懸命努力して、ほして、国ど国の間でなんだりかんだり、揉め起ごった、そいず、解決すんのに「これがら戦争やっつおう!って国が宣戦布告してやる正式の戦争」だの、おらほの国なんか物凄い武力もってんだがら、おらほの云う聞かねどこてんぱんにやっつけっからな、なんて脅がこどだの、ほしてまだ、実際その武力をつかってしまうことだの、ほいなやりは、これがら、一切しねごどにきめだのっしゃ。
    2. ほんで、今決めだこどば本当に守るっつ証拠に、陸軍だの海軍だの空軍だの、その戦さ使うような軍隊でも武器でも一切もう持だねごとにしたのっしゃ。国ど国とは戦争してもいごとになってんだなんつったって、もう日本の私らは絶対認めねんだから!

      

     

    講話の後、昼食とおしゃべりを楽しみ、また木村文子さんのご指導で、みんなで大きな声で歌をうたい、心も体も満たされたサロンでした。

    K・I   

                                  


    創立71周年記念会員集会 5月21日

    0

      創立71周年記念会員集会

       

       仙台YWCAは昭和23年(1948年)523日、戦災で焼け残った宮城学院の講堂をお借りして発行式を行いました。15年の長きに亘る戦争から暫く解き離された希望に満ち満ちた婦人たち、当初の会員は107名で会費は120円でした。戦地から復員して来た軍人や空襲の焼け跡の残る仙台で全く「無」から立ちあがった先人達の高い志と努力によって上杉北四番丁に土地家屋を購入して、補修、暫くして会館が完成して、昭和26年(1951年)6月献堂式を行うことが出来ました。

       年に一度は創立時代に想いを寄せて当時を偲びたいと思い、5月の会員集会はホサナ教会の長尾牧師と共に礼拝の時を持ちました。師は「神への信頼」ヨシュア記231節〜8節を説かれ、一同深い感銘を受けました。

       天候が不順で前日からの強風、そして夜半からの大雨、と大変な日となりましたが、古いパネルやアルバムなどを並べて、一同眺めながらの楽しい話し合いの一刻を持ちました。

      R・K

       


      イエメンの女性の話を聞く会 4月26日(金)

      0

         春の訪れの遅い東北の地も漸く花々が咲き揃いました。やや花曇りの4月26日(金)の午後、サラ・アル・アンシさんをお迎えしてイエメンのお話を伺うことが出来ました。

         

         日本から数千哩も離れたイエメンは何処にあるのかと地球儀を見ましたらアラビア半島の南西端アラビア海と紅海に面していました。

         サラさんはご自身も民族衣裳に身を包み、私達にも持参された美しい刺繍やきらびやかな貴石に飾られた衣裳を身に着けさせて下さいました。皆大喜びで身に着けて写メを撮りました。



         まわりに紛争の絶えない地、美しい自然、ふわりと曲線を描くような文字、流暢な日本語で母国のお話をして下さったサラさんは本当に美しい方でした。可愛いお嬢さんの母親で秋には第二子がお産まれの予定の由、くれぐれもお体お大切にと一同祈りつつ楽しい交流を持つことが出来ました。

        R・K 


        みんなでいきいきサロン4月25日

        0

           YWCA初の宮城県出前講座でした。講師の畑中さんの「みそ汁はいらない」と味噌離れが進む中、お呼びくださり有難うございますという挨拶から始まりました。

           

           大好評発売中の味噌の本が紹介され、味噌は食生活で大事な存在だと思いました。しかし現実に宮城県内で味噌の大きな会社が廃業しており、生き残るのも難しい時代だと痛感しました。また「仙台味噌」と認定されるのに、厳格な決まりがあり、仙台で作ったから仙台味噌ではないことが分かりました。味噌は「味噌は医者いらず」であると学び、これからも味噌汁を毎日の生活に絶やさず、体に気を付けていきたいです。簡単にお椀にすぐ食べられる具と味噌を入れてお湯を注ぎ食べるトッピングみそ汁の食べ方や、みそ汁にフリーズドライなどの多種多様な種類があることも紹介されました。東京駅近くにはみそ汁の専門店があり、値段は高めながら人気があるそうで、是非機会を作って行ってみたいと思います。

           

           質問が活発に出されましたが、宮城県産業技術センターという県内中小企業支援機関の方のお話だったので、手軽な価格の味噌の販売や味噌漬けの種類の開発などの意見も出されました。畑中さんはきっと味噌会社にお伝えくださるでしょう。外国へも進出している味噌。ベストパートナーである醤油、宮城県人として地元の仙台味噌が末永く愛され、継承されていることを願い応援したいと思いました。合言葉「具だくさんのみそ汁で地元の仙台味噌を食べよう」

          Y.A

                                   

           

           


          みんなでいきいきサロン4月11日

          0

            今日は、4月誕生者を祝う会をしました。出席された4月誕生者は4人で、まず歌のプレゼントとして、それぞれの大好きな歌「さくらさくら」「アメイジング・グレイス」「早春」「空に星があるように」をみんなで心を込めて歌いました。4人全員がそれぞれの思いをこもった歌のプレゼントに感無量の様子でした。さらに、昨年度までは花束をプレゼントしていましたが、今年度からはカード(一枚一枚異なった絵と言葉が描かれている)をプレゼントすることになり、司会者から手渡されました。

             

            カードのことばをひとりひとりに読み上げてもらったところ、今年後期高齢者となって新しい歩みを始めたばかりという人が、新しくふみ出していくあなたを見守っているよ」と書かれていたと大喜びしていました。昼食後は歓談とクイズに楽しいひとときを過ごしました。

            K.I

             

             

             



            PR

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:206 最後に更新した日:2019/05/24

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM